Loading…

スポンサーサイト

Posted by マリィ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンネストOβT

Posted by マリィ on 30.2010 他ゲーム   2 comments   0 trackback
002_20100530094316.jpg


ドラゴンネストのOβが始まっています。
今回もCβの時同様、ソーサラーで遊ぶことにして、さっそく初日から参加してきました。
入場制限はいるくらいの盛況ぶりで、重いです。
ソーサラーが多い。クレリックは控えめな数。
ウォーリアーやアーチャーがいる街もにぎわっていました。出だし好調なようです。
今回はレベルキャップが24にま引き上げられ、さらに転職も実装されていますね。
闘技場はCβTの時点で実装されていたようですが(ちゃんと調べてません。)、こちらもかなり盛り上がっていました。
序盤はみんなレベル上げに夢中で対人はなかなか火がつかないんじゃないかなーと思ってたんですけど、どうも疲労度システムの関係もあって、対人にも積極的な人が多いようです。
もともとPvPを売りにしているゲームですしね!

ただの日記にしても仕方がないので、いくつか気になったことだけ書き上げます。


●闘技場(対人システム)
ドラゴンネストでは対人専用のch「闘技場」が用意されていて、その闘技場内でさまざなスタイルのPvPを楽しむことができる。闘技場内では疲労度は減らない。

人数は1vs1?8vs8まで。アイテム使用の不可やマップ選択も可能。
レベル制限機能がないのがちょっと残念。だけどよくできていると思う。
闘技場内では敵味方で髪色が赤or青で表示されるようにれるようになっているので、見分けやすい。

現状だとうまくハメたもん勝ちな部分が強い。


●エイムアシスト
ゲームパッドを使用しているときのみの機能。自動的に近くの敵を追尾することができる。
これ使われると、アーチャーやソーサラーの攻撃がボカスカ当たります。ネットではチートチート!って騒がれてますね。
パッドで操作していないので、なんともいえませんが、パッド操作のうまみになる機能じゃないでしょうか?
この機能のおかげでパッド操作が楽になるとは思います。


●疲労度
これもドラゴンネストでは賛否両論なシステムです。
最近はプレイヤーの健康を損ねないように疲労度という形でゲームプレイに制限をかけるようなシステムを採用するゲームが増えてきました。
ドラゴンネストの場合、毎日4時にリセットされる疲労度(キャラクター毎)と、毎週土曜日4時にリセットされる疲労度(アカウント毎)があり、この両方を使い切ってしまうとダンジョンへ入場ができなくなるようです。(闘技場は疲労度が関係ないので入場可能)
なんで賛否両論かというとプレイしている人なら分かるとおり、ちょっと遊んだだけですぐなくなってしまうんですね。
なので一部の人はこの疲労度システム撤廃を叫んでいるようです。
ワタシはなくさなくてもいいけど、もうちょっとゆるくしたら?と思っています。
ちなみに使い切ったためしがないです。


こんなとこでしょうか。
もっと詳しいダンジョンや転職のことでは毎度おなじみ、良い子のための「てらぽぽり」さんのサイトへどうぞ。


006_20100530094326.jpg


個人的な不満がちょっとありまして、見た目どうにかならないですかね。装備変えても見た目に影響するのが武器(メイン・サブ)だけというのはちょっとどうかなぁとおもいます。
転職しても見た目が変わらないというのには驚きました。見た目はすべてアバターでしょうかね?正式始まるまでこのままだとちょっとさびしい。

チャットも入力文字数に制限があるのか、制限オーバーすると文字がきえていくという・・・。
友達とチャットしているときに、このおかげでお互い意味不明な発現になってしまって、ああああああ!ともどかしくなりました。
友達と遊ぶ分にはVC使うのでいんですけども、まだ参加していない野良PTでは気をつけます。
これはまぁ、チャットする相手がいる人の悩みです。フフフ。
ちなみにドラゴンネスト始めるであろう友達とは、たぶん昨日の時点で全員合流できたはず。
てらぽぽりさんを除いて・・・!
今夜あたり捕獲作戦実行します。
忘れてなければ。


015.jpg





実は81keysというMMOもやっています。楽しいです。採取マゾいです。
精神>体力>知力という完全にPTorペア寄生型の牧師です。レベルも50になりました。
ただ一緒にやってた友達(槍士)とドラゴンネストも始めたんですが、わらじは二足はけない!とか生ぬるいことをいうので、ちょっとストップするかもしれません。
でも別の友達も始めるようなので、楽しみ。
ワタシはわらじとハイヒールを一緒に履いてみせます。

スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。